SCULPTURE BENCH

SCULPTURE BENCH

第14回ヴェネツィア国際建築展でCino Zucchiをキュレーターとするイタリア館の『Innesti_Grafting(「接ぎ木」の意)』展を締めくくるインスタレーションは、イタリア館入口のArchimbutoとともに2つ目の現代の「接ぎ木」といえる作品です。Lavazzaがメインスポンサーとなったこの作品でDe Castelliは、プロジェクトを企画したCino Zucchiと共同で酸化処理を施したコルテン鋼による破格的な長さのベンチの彫刻を制作しました。両者の実り豊かなコラボレーションの証ともいえるこのベンチの彫刻は、上がったり下がったりする曲線を描き、建築展会場の一部である明るいジャルディーノ・デッレ・ヴェルジニの芝生に金属のヘビのような風情の佇まいを見せました。このベンチはイタリア館の来場者に屋外の休憩の場を提供するためのもので、イタリア館の入口に設営されたArchimbutoの扉口とコンセプト的に呼応しながら、Zucchiのプロジェクトとして、アルセナーレ(この展示会の会場であるヴェネツィアの由緒ある造船所)の屋内と屋外の威信に溢れた異なる空間を組み入れています。このベンチの彫刻は酸化処理の仕上げが特徴的なコルテン鋼で作られており、全長120メートルで展開します。厚さ約5 mmの金属板を2枚ずつ組み合わせて作った約3メートルのモジュールで構成されています。太さの異なる220本のチューブ材で支えられており、高さは最低部の15 cmから最高部の370 cmまで変化に富んでいます。

建築家 Cino Zucchi
場所 第14回ヴェネツィア国際建築展
2014
写真提供 Federico Barin